T98-Next NEC98 MS-DOS その2

NEC PC98 on T98-Next ですが、
少しアプリを入れてみました

まずは、FD

20160924-1.jpg

ちゃんと動きます
ファイルのコピーなども出来ました

次に、Vz Editor

20160924-2.jpg

これも、大丈夫そうです
config.sys や autoexec.bat などの編集も出来ました

懐かしのアプリケーションランチャー、EOSystem

20160924-3.jpg

起動すると、2000年問題が〜 などと注意が表示されますが起動はします
カレンダーは、祝日が少し変ですが、時計も動いています
ただ、スケジューラーは、日付の設定が間違っているなどと表示され起動しませんでした
きっと、2000年以降に起動されるのを想定していなかったのでしょうか

EOSystemから、松を起動してみます

20160924-4.jpg

松は、よく使っていました^^
ワープロとしてだけでなく、エディターモードを持っていましたので、N88BASIC のエディタととしても重宝しました。

EOSystem から、123を起動してみます

20160924-5.jpg

これも、動くみたいですね^^

色々やってると、
マウスを使うのは、少し変になります
また、日本語入力も、出来たり出来なかったり・・・の現象がおきました
(ホスト側の、MSIME に制御がとられてたり)

環境のせいなのか、設定が必要なのか・・・
日常的に使うには、試行錯誤が必要なようですが、
とりあえず、起動の確認までということで。
スポンサーサイト

外付けHDDが消える

6号機は、作業用に外付け HDD を使用している

この外付け HDD は、IODATA の 300GB の USB 接続なんだけど
HDD が故障して、バルク品の 500GB と中身を交換してる

これまでも、時々、認識しなくなることが有ったのだけど、
USBケーブルを抜き差しすると使えてたし、全然、普通に使える時も有ったりで、
あまり気にしていなかったが、
現象が再現することが分かった^^

6号機には、フロントにUSB接続口が2個あり、
外付けHDDを使う時は、ここを1個使っていたのだが、
もうひとつに、別のUSB機器を接続すると、
それまで、エクスプローラに表示されていた外付けHDDが、
しばらく経つと、フッと消えてしまっていた

今回は、MO を接続して、データをコピーしようとして気がついた
そういえば、普段はUSBメモリを使うのだが、
その時に、外付けHDDが消えていたのか・・・

つまり、USBメモリを使わない日は、
問題なく、外付けHDDが使えていたことになる

ググっても、同様な症状が見つからなかったので、
物は試しと、外付けHDDの接続を、リアパネルに変えてみた

しばらく、MOから外付けHDDへ、データコピーを行ったが
普通に動作している^^

しかし、リアでUSBケーブルの抜き差しは、面倒だなぁ・・・
どうしよう~

T98-Next NEC98 MS-DOS

NEC の 1.25MB のフロッピーが見えたら、
動かしてみたくなるのは、当然^^

Windows10 でも動作するらしい、T98-Next を使ってみよう

まず、1.25MB のフロッピーをイメージ化する

先にインストールした Windows98 上で、
Anex86 を使って、イメージファイルを作成した
作成したイメージファイルは、DiskExplorer で確認

MS-DOS 6.2 のフロッピー8枚のイメージを作成

T98-Next に作成したフロッピーのイメージと、
新規に作成した HDD を設定して起動すると、
懐かしい「ピポッ」音がして
NEC 98 が起動した

20160922-1.jpg

画面の指示に従って、HDD を初期化(フォーマットのこと)し、
フロッピーイメージを No.1 〜 No.8 順に交換していくと、
MS-DOS のインストールが完了

20160922-2.jpg

20160922-3.jpg

懐かしの、NEC 98 の画面
っと言っても、この DOS Shell って、結局、使ったこと無いんだけど・・・

3モードフロッピードライブ その2

実機にインストールした Windows98 で、3モードフロッピーのドライバを試すが、
やっぱり、1.25MB は認識しない

次に、Vector で解決策をさがして見つけた
3mode FD Drivers for Windows95/98
これを試してみることにした

対応機種に載っている型番とは少し違うが、
マザーボード ASUS P5K に積んでいるチップが、同じ Winbond ということで・・・
(お決まりの、試すなら、自己責任で・・・)

おぉ、1.25MB のフロッピーが読める・・・感動^^
(フォーマットは出来ないけど)

MS-Windows98

1.25MB のフロッピーを読むために入手できたのは、
Windows98 用のドライバということで、
仮想PC ではなく、実機に、Windows98 を入れることにしようと考えた

Linux で、HDD 上に 8GB のパーテーションを作り、
Windows98 起動ディスクを使用して、HDD をフォーマット
セットアップしようとしたが・・・
CD ドライブが使えない

もっとも、ドライブは CD ではなく DVD-RW なんだが、
DOS 用ドライバが無い・・・

Linux を起動して、
HDD にフォルダを作り、CD の内容をコピーした
再度、Windows98 起動ディスクを使用してセットアップを開始・・・

今度は、インストールの途中で、
メモリ不足のため・・・と出てインストールが進まない・・・

これは、ググって、System.Ini を書き換えれば対応できるらしい
要は、搭載メモリが多すぎて、OS が拡張メモリを使うのを諦めるらしい・・・

System.Ini - [386Enh]
MaxPhysPage=30000

System.Ini - [vcache]
MinFileCache=0
MaxFileCache=32768

私の環境では
MaxPhysPage=30000 だと、不安定だったので、20000 にした

これで、Windows98 が動くようになったが、
デバイスマネージャを見ると、
びっくりマークの嵐・・・
安定動作のためには、全部にドライバをインストールする必要が有るのだろうけど、
はたして、ドライバはそうろうのかな・・・

現行の PC に、古い OS を入れるのって、
それはそれは、迷路みたいで面白いかも・・・
まだ、手持ちには、OS/2 なんかも有るが・・・

3モードフロッピードライブ

MS-DOS や、Windows95 で遊んでいると、
NEC-PC98 のフロッピーが、気になってきた

5インチフロッピーは、もうドライブを持っていないので、諦めるとして
3.5インチフロッピーの中身を見てみようとしたが・・・

全然、見えない

そういえば、PC/AT 互換機で、1.25MB のフロッピーを使ったことって、あったのかな?
数年、いや十数年以上、1.25MB のフロッピーを使うことが無かったから
記憶が・・・全く無い

1.25MB のフロッピーを使っていた頃は、
当然、NEC98 機が有って、フロッピードライブも2機搭載していたから、
フロッピーの操作関係は、NEC98 の方でやっていたような気がする

だが、使用しているのは、3モードフロッピードライブ(のはず・・・)
なんとか、読めるのではと、情報収集^^

ドライブは、NEC 製、FD-1231T
まず、NEC へ行ってドライバを探してみる・・・
(注意:NEC 製、FD-1231T には、DOS/V 用と、NEC98 用の2種類があり、
間違って接続すると、PC を破壊することも有るらしいので、使用する場合は自己責任でどうぞ
まぁ、この日記を読んで試す人もいないと思うが、念の為・・・)


なんとか、Windows98 用のドライバを見つけた
早速、仮想 PC の Windows98 にインストールしてみたが・・・全然ダメ

説明書をよく眺めると、
まず、BIOS の設定を、3モードに変更しろと書いてある
だが、使っている ASUS P5K の BIOS のフロッピーの項目には、3モードの設定が無い

うーん、どうしよう

MS-DOS その4

仮想 PC 環境での、ファイルのやりとりについて、

フロッピーイメージを利用して、
ホスト PC と、ゲスト PC(MS-DOS) 間でファイルをやりとりしてます

Windows では、
ImDisk Virtual Disk
というソフトを使ってます

空のフロッピーイメージを、ひとつ作って、

20160908-1.jpg

そのまま、A ドライブが出来ますので、
フォーマットして、
その中に、必要なファイルをコピーして、
アンマウントします

そのファイルを、仮想 PC でマウントすれば、
編集や、コピーができるフロッピーとして利用できます

ファイル操作が終わったら、
アンマウントして、
再び Windows 側でマウントすれば・・・

マウント/アンマウントは、
エクスプローラ上で、右クリックすればメニューとして表示されるので、簡単です

20160908-2.jpg

これまで利用してきたような仮想 PC のように
ネットワークを利用して、ファイルのコピーなどを行おうと思ったが、
MS-DOS のネットワークって・・・結構、難解^^

マイクロソフトの
Network Client for DOS か
LAN Manager を使えば出来そうなんだけど
(NAS への接続は成功したが・・・)
知識不足で、あきらめました^^

また、メモリ使用量が多くて、他のソフトが動かない・・・
ファイルのコピーくらいしか、使えない

それなら、
フロッピー感覚で使える、イメージフロッピーを使った方が
快適だと感じました^^



MS-DOS その3

EMM386.EXE のオプションに使うアドレスを考えるときに、
参考にするメモリマップは、

MS-DOS 標準のツール MSD を使う

chev us で英語モードに変えて
msd で起動する

20160906-2.jpg

赤字で表示されている
m のキーを押すと
メモリマップが表示される

20160906-3.jpg

まぁ、一見使えそうに見えても、
システムがハングアップするなど、
ダメな場合も有るので、
トライアル&エラーで・・・

現在の config.sys と autoexec.bat は、
-------------------------------------
BUFFERS=20
FILES=30
LASTDRIVE=Z
DOS=HIGH,UMB
DEVICEHIGH=C:\DOS\SETVER.EXE
DEVICEHIGH=C:\DOS\BILING.SYS
SHELL=C:\COMMAND.COM /P /E:512
DEVICE=C:\DOS\HIMEM.SYS
DEVICE=C:\DOS\EMM386.EXE RAM I=B000-B7FF I=C800-E1FF I=E300-EFFF FRAME=D000
DEVICEHIGH=C:\DOS\JFONT.SYS /P=C:\DOS\
DEVICEHIGH=C:\DOS\JDISP.SYS /HS=LC
DEVICEHIGH=C:\DOS\JKEYB.SYS /106 C:\DOS\JKEYBRD.SYS
DEVICEHIGH=C:\DOS\KKCFUNC.SYS
DEVICEHIGH=C:\OAKCDROM.SYS /D:MSCD0001
DEVICEHIGH=C:\DOS\ANSI.SYS
DEVICE=C:\WX3\WXK.SYS /A5
DEVICE=C:\WX3\WX3.SYS /INI=C:\WX3\WX3SYS.INI /A5
-------------------------------------
C:\DOS\SMARTDRV.EXE /X
C:\DOS\MSCDEX.EXE /D:MSCD0001 /M:10 /L:Q /E
@ECHO OFF
PROMPT $p$g
PATH C:\DOS;C:\BIN;C:\VZ;C:\FD
SET TEMP=C:\DOS
LH C:\DOS\NLSFUNC.EXE C:\DOS\COUNTRY.SYS
C:\DOS\CHEV.COM JP
rem C:\BIN\DOSIDLE.EXE
vz -z
-------------------------------------
CD も使えるようにドライバを組み込みました
日本語 FEP として、WXⅢに変えました
Vz Editor をインストールしたので、常駐モードで組み込みました
Vz は、ファイラーとしても使えるのですが、
一応、FD もインストールしました

この状態でメモリ使用量は
-------------------------------------
C:\>vmap
VMAP Version 2.01 Copyright (C) 1989-91 by c.mos

addr PSP blks size owner/parameters hooked vectors
---- ---- ---- ------ ------------------------- -----------------------------
B185 <-- 1 13424 wx3k
B4CD <-- 1 9792 wx3 16
B732-B7FE 1 3248
C803 sys 1 4768 ansi CON
C92E 1273 1 16384 smartdrv
CD2F-CFFE 1 11504
E002-E1FE 1 8128
E303 sys 1 2864 jfont
E3B7 sys 1 19232 jdisp 7D
E86A sys 1 5872 jkeyb
E9DA sys 1 4080 kkcfunc
EADA <-- 1 2528 nlsfunc SYS 2F
EB79-F000 1 18544
--- UMB total: 118 KB ---
0255 sys 1 624 setver
027D sys 1 12144 biling
0575 sys 1 1104 himem
05BB sys 1 4240 emm386 67
06C5 sys 1 36048 oakcdrom
0F93 sys 1 224 wxk
0FA2 sys 1 240 wx3
0FB2 sys 6 6544
1151 <-- 4 4576 command 22 23 24 2E
1273 <-- 1 13088 smartdrv /X 08 09 10 13 15 19 25 26 28
15A6 <-- 1 15840 mscdex /D:MSCD0001 /M:10 30
1985 1 176
1992 <-- 1 3840 vzibmj 1.60 -z 1B 21 29
1A83-9FFF 1 546752

----- EMS ver4.0 (frame: D000h) ----- ----- XMS ver3.00 -----
handle pages size name HMA used: 54 KB by DOS
------ ----- ------ -------- EMB free: 12380 KB
1 8 128k WX3K
2 2 32k WX3
3 2 32k
4 11 176k VZIBMJ
free 1786 28576k
total 2004 32064k
-------------------------------------

こんな感じです

MS-DOS その2

VirtualBox にインストールした MS-DOS だが

空きメモリが少なそうだったので、
少し調整した

config.sys と autoexec.bat
-------------------------------------------------------
BUFFERS=20
FILES=30
LASTDRIVE=Z
DOS=HIGH
DEVICE=C:\DOS\SETVER.EXE
DEVICE=C:\DOS\BILING.SYS
SHELL=C:\COMMAND.COM /P /E:512
DEVICE=C:\DOS\HIMEM.SYS
DEVICE=C:\DOS\EMM386.EXE RAM I=B000-B7FF I=C900-E1FF I=E300-EFFF FRAME=D000
DEVICE=C:\DOS\JFONT.SYS /P=C:\DOS\
DEVICE=C:\DOS\JDISP.SYS /HS=LC
DEVICE=C:\DOS\JKEYB.SYS /106 C:\DOS\JKEYBRD.SYS
DEVICE=C:\DOS\KKCFUNC.SYS
DEVICE=C:\DOS\ANSI.SYS
DEVICE=C:\DOS\MSIMEK.SYS /A1
DEVICE=C:\DOS\MSIME.SYS /D*C:\DOS\MSIMER.DIC /DC:\DOS\MSIME.DIC /C1 /N /A1
-------------------------------------------------------
C:\DOS\SMARTDRV.EXE /X
@ECHO OFF
PROMPT $p$g
PATH C:\DOS
SET TEMP=C:\DOS
C:\DOS\NLSFUNC.EXE C:\DOS\COUNTRY.SYS
C:\DOS\CHEV.COM JP
-------------------------------------------------------

まぁ、こんなものか

20160906-1.jpg

MS DOS インストール

押し入れを整理していたら、
古いフロッピーが沢山出てきた

半分以上は、PC98 用で、5インチフロッピーも沢山あるが、
PC98 は無いし、5インチのドライブも無いので、無視するとして

DOS/V 用のフロッピーを見ていたら、
久しぶりに MS-DOS を使ってみたくなってインストールすることにした

といっても環境が変わってしまっているので、
VirtualBox を使ってインストールすることにして、
FD をイメージ変換する作業から始めた

最初、Linux で作業しようと思ったが、
色々と面倒そうなので・・・
サクッと、Windows 環境ですることにした^^

使ったのは
RawWrite for Windows

これで、FD->img ファイルを作成

VirtualBox 5.1.4 (windows)

に、MS-DOS 6.2をインストールした

20160904-2.jpg

とりあえず、インストールは終了
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる